産業用ネットワークとは

     

概要


産業用ネットワークとは、プラントや工場の制御システムで使用されるネットワークのことである。

従来は、制御ネットワークのみで構成されている形態が多く、別の社内ネットワークと接続する機会は少なかったが、現在は、業務効率化や生産性向上のために、制御ネットワークと情報ネットワークが接続され、相互にデータをやり取りしている構成が多くみられる。

また、生成する製品等の生産データだけでなく、各制御システムの装置や機器の稼働データなどを制御ネットワークを通じて収集し、機械学習を利用した異常/故障検知等に利用したり、遠隔地から制御システムを操作・監視したりといったニーズもあることから、インターネットや外部ネットワークと接続する形態も増加している。

一方で、インターネットや外部ネットワークと接続することを前提に設計・構築されていない制御ネットワークは、セキュリティ対策が後回しになっており、産業用ネットワークへのセキュリティ対策の整備が急がれている現状もある。

本シリーズでは、これらの産業用ネットワークの入門編として、産業用ネットワークの構成、歴史、特徴、構成機器、セキュリティ、制御プロトコルなどについて説明していく。
※随時、更新していく予定です。
     

産業用ネットワークの概略図


産業用ネットワークの概略図は主に次の通りである。
     

     
多くの産業用ネットワークでは、情報ネットワークと制御ネットワークに分離されており、2つのネットワークは、FW 等で通信を制限しているケースが多い。
各ネットワークとレベルの役割は、次の通りである。
     

ネットワーク種別 概要 
情報ネットワーク 企業における OAPC や各種サーバなど、情報システムが稼働するネットワークのことを指す。
最近では、制御ネットワークからの情報をインターネット経由でクラウドに送信し、データ分析等を行うことも多い。
制御ネットワーク 制御システムを構成するネットワークのことを指す。コントローラレベル、フィールドデバイスレベル、
センサレベルに大きく分けることができる。
コントローラレベル DCS や SCADA 等の制御システム全体をコントロールするシステムが設置されているネットワークのことを指す。
各種装置のログなどの収集を行ったり、リモート保守用PC からベンダがアクセスしたりするのも、このレベルで
あることが多い。
フィールドデバイスレベル DCS や SCADA 等から指示を受け取り、センサレベルの装置へ指示を出す装置(PLC 等)が設置されている
ネットワークのことを指す。SIS(Safety Instrument System)等もこのレベルに設置されていることが多く、
センサレベルからの異常値を受信した場合、早期に安全に制御システムを停止させることができる。
センサレベル 制御システムを構成するセンサ類などが設置されているネットワークのことを指す。
最近では、無線経由でデータをやり取りすることも多い。

       
現在は、コントローラ、リモートI/O、センサ自体の高性能化により、制御ネットワークの各レベルの分離は曖昧になってきている。

特に、コントローラ自体に Web サーバ相当の機能や高水準言語でプログラミングできるといった、通常の PC 相当の処理ができるようにもなっており、コントローラ自身でセンサ等のデータを収集・分析して適切な処理を実施する等、従来は DCS や SCADA で行っていたような処理を行えるデバイスも多くなっている。

        

登録日時2019-08-04 01:19:29 +0900
更新日時2019-09-29 19:52:21 +0900